ページTOPへ
  1. 海外留学TOP
  2. ビザ情報
  3. ニュージーランドのワーキングホリデー
 親切・丁寧なカウンセリングで安心サポート  エイブルスタディがあなたの将来を一緒に考えます! まずはお気軽にご相談ください 無料カウンセリングはこちら

ニュージーランドのワーキングホリデー

18歳から30歳までの日本国籍を持ち、心身ともに健康な方であれば、ニュージーランドのワーキングホリデーに申請できます。滞在費として4,200NZDプラス往復航空券を購入できる資金を持っている必要があります。
ビザ申請料金は、日本国内であれば無料(ニュージーランド国内:165NZD)ですが、2019年10月から新たに観光税(International Visitor Conservation and Tourism Levy:IVL)として35NZDの支払いが必要になりました。なお、IVLの有効期限は2年間です。
ビザの申請はオンラインにて行い、健康診断も移民局指定の病院(現在、日本では6病院しかありません)にて受診します。受診結果は、病院から直接、ニュージーランドの移民局に届けられます。
渡航には、片道航空券でもいけますが、その場合には、ニュージーランドから日本へ帰国する航空券を購入できるという証明が必要となります。
オンラインビザ申請をしますと、確認画面またはEメールにて健康診断を受診するように指示がありますので、オンライン申請後15日以内に受診してください。

ビザ申請方法

オンライン申請となります。ニュージーランド移民局HPにてユーザー登録とビザ申請を行います。

※2021年7月現在、新型コロナウィルスの影響によりビザの申請、発給業務は2022年2月6日まで一時停止中です。

ビザ申請書類

ニュージーランドのビザを取得するために必要な申請書類一式になります。

No 項目
オンラインビザ申請
有効なパスポート
連絡のつくEメールアドレス
パスポート以外の運転免許書などの身分証明書
観光税(IVL):35NZD支払いのためのクレジットカード(VISAまたはMasterCards)
健康診断(eMedical)--X線検査(NZIS 1096)※代わりにGeneral Medical Certificate(INZ1007)を指定される場合もあり
※健康診断費用は別途必要です。
過去に1年以上ニュージーランドに滞在経験がある場合には、無犯罪証明書も必要

お問い合わせ先

現在、大使館やニュージーランドビザセンターでは、ワーキングホリデーに関するご質問は回答していませんので、すべてworkingholiday@mbie.govt.nz へお問い合わせください。

各国のビザ詳細情報

それぞれの国のビザの詳細情報は、こちらからご覧ください。

国名 学生ビザ ワーキングホリデービザ
アメリカ 詳細へ
イギリス 詳細へ 詳細へ
カナダ 詳細へ 詳細へ
オーストラリア 詳細へ 詳細へ
ニュージーランド 詳細へ 詳細へ
アイルランド 詳細へ 詳細へ
在日大使館ホームページ 外務省・国情報 ビザ申請窓口
アメリカ大使館 国情報を見る 東京、大阪、福岡、札幌、沖縄
イギリス大使館 国情報を見る 東京、大阪
カナダ大使館 国情報を見る インターネット、東京、大阪
オーストラリア大使館 国情報を見る インターネット
ニュージーランド大使館 国情報を見る インターネット
アイルランド大使館 国情報を見る インターネット、東京(郵送)

当センターでは、留学を実現された方々から、留学先の近況や帰国報告のお手紙をよく頂きます。それを読むたびにこの仕事をしていて本当に良かったと思います。 まずは、当センターのカウンセリングを受けてみてください。 ご質問・お問合せやカウンセリング予約は無料カウンセリングフォーム 又はお電話(03-5937-1724) にてお問合せください。 これがあなたの留学実現に向けての第一歩です。

当センターでは、留学を実現された方々から、留学先の近況や帰国報告のお手紙をよく頂きます。それを読むたびにこの仕事をしていて本当に良かったと思います。 まずは、当センターのカウンセリングを受けてみてください。 ご質問・お問合せやカウンセリング予約は無料カウンセリングフォーム 又はお電話(03-5937-1724) にてお問合せください。 これがあなたの留学実現に向けての第一歩です。